家族で行こう!自転車の旅
自転車雑記。算数・数学について思いついたことを綴りつつ動画で解説します。
家族で行こう!自転車の旅  Vol.23

Vol.23
続きものです、初めての方は是非Vol1からこちらです

 公道を156km全面封鎖して行われるスロベニアの自転車ロードレース、次男が14歳の時に2人で参加し(Vol.19参照)、その後私だけさらに2度参加した。ブログに映像を貼り付ける技を習得したのでそのレースの模様です。



家族そろって行けるのはせいぜい6年間

 家族そろって自転車旅行に行けるのは、一番下の子が長距離走行に向いたスポーツ自転車に乗れる身長になってから、一番上の子が「一緒になんか行かねーよ」というまでの間である。
 我が家の場合は子供の人数、兄弟間の年齢差等、かなり恵まれた条件で、下の子が小学校4年生の時から上の子が高校卒業までの6年間であった。
 その間、泊りがけで全員で行ったのが9回。私と次男の2人が2回、私と長男、男3人+甥っ子がそれぞれ1回。今後子供達と一緒に行くことはないだろう。
 そういえば妻と2人で泊りがけの自転車旅行に行ったことはまだないな。老後は二人で行くことになるのだろうか。それはまだわからないけど、それには、自転車に乗れる健康な体を維持するのが最低条件、飲み過ぎ厳禁、要日々運動。
 長男も大学に入り一人暮らしになったので私はスロベニアに戻った。妻が、ロガルスカ・ドリーナ(Lgarska dolina)というところに行きたいと言うので、車で適当に近くまで行き、そこから目的地までサイクリング。妻もだいぶ鍛えられたのか、1日5,60kmならどうってことないという感覚にまで成長した。

201710010851264b0.jpeg
レースとは一転してのんびり映像


Vol.24につづく


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

kantaro1966

Author:kantaro1966



最新記事



最新コメント



ご意見・お問い合わせはこちらまで

kantaro@momo.so-net.ne.jp



閲覧者



キーワード

#自転車  #旅  #家族 #ロードバイク #旅行  #親子



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ