家族で行こう!自転車の旅
自転車雑記。算数・数学について思いついたことを綴りつつ動画で解説します。
家族で行こう!自転車の旅 Vol.29
Vol.29

③ 自転車+車+フェリー

 フェリーの港までの距離が自宅から遠すぎる、または、自転車で走るにあまり適していない場合は、港までは車で行ってしまうという手もある。港の近くには比較的安価で長期間車を停めておける駐車場がある場合が多い。
 この方法ならフェリーの選択肢が増えてかなりのバリエーションがある。我が家の場合はヨーロッパ遠征第二弾がこのパターンであった(Vol.4~参照)



④ 自転車+車

 マイカーの最大の利点はなんといっても行きたい所までピンポイントで行けること。そして、輪行袋に自転車を詰める必要なく自転車を運べること(ただし専用キャリアーを車に装着する必要はある)。
 欠点は、数日~1週間程度の間、安価に停められる駐車場を確保しなければならないことと、車を停めた所に必ず帰ってこなければならないこと。
 駐車場の確保に関しては、旅の初日と最終日に同じホテル・旅館に宿泊すればそこに自転車旅行の期間中無料もしくは安価で車を停めさせてくれる所も多い。
  わが家では、北イタリア周回(途中断念、Vol.15~参照)、クルック島一周(Vol.17) バラトン湖一周(Vol.18参照)
 車を停めた所に必ず帰ってこなければならないので、「〇〇一周」というコースを考えるのがいいであろう。手頃な距離なら、琵琶湖、淡路島、佐渡ヶ島(いずれも200km前後)、もうちょっと頑張るなら沖縄本島(300km超)、もっと本格的に四国一周(1000km超)など。


⑤ 自転車+電車

 自転車旅行に電車を組み合わせる利点は、遠くまで楽に行けることは車と同じだが、車を組み合わせるときにはできない、電車で着いた先から別の所に自転車で行くことができ、更にそこからまた電車に乗ってまた別の遠くまで楽に行けることであり、旅行プランのバリエーションが豊富であることである。
 わが家の場合はリバプールまで電車で行ってウィンブルドンに帰ってきたのと(Vol.4)次男と二人で東京~下田まで自転車で行ってロマンスカーで帰ってきたのがこのパターン
 欠点は電車に乗るための準備が面倒ということである。
ヨーロッパでは自転車をそのまま持ち込めて、自転車を置いておくスペースや自転車を引っ掛けるフックが用意されている場合が多く、自転車と電車の相性がいい。しかし、日本で電車に自転車を持ち込む場合、ごく一部の路線を除いて、前後輪ともに外してすべての部分を覆い隠す袋に入れなければならない(輪行「りんこう」といいます)。
 さらに、追加料金は不要とはいえ、荷物としてはかなり大きいので、当然混雑時は避けなければならないし、1台分だけならどんな電車でもなんとかなることが多いが(車両最後部の席の背もたれと壁の間など)、3台以上となると車両を別にする必要も出てくる。


⑥ 自転車+自転車宅配
わが家のパターン しまなみ海道(Vol.20参照)


 飛行機に自転車を預け荷物として持ち込むことは国内線・国際線ともに可能である。料金も航空会社によって異なるが無料の場合が多い(要事前確認。無料の場合でもスペースを事前に確保しておく必要がある)。
 電車に乗るとき同様、自転車は分解してコンパクトにしなければならない。電車の場合は乗った後も自分で管理するので柔らかい袋(未使用時はボトルサイズまで小さく折畳める)に入れればよいが、飛行機の場合は自分の管理下から離れて他人が荷物として他の荷物と同じように扱うので、丈夫な箱(自転車屋さんに行ってスポーツ車の新車納入時の箱をもらってくるのがベスト)または専用のハードケース(かなり高価)に入れなければならない。
 そして、その箱またはケースは丈夫であるが故に小さく折畳むことはできず、それを持って自転車で走行することは不可能である。したがって、空港からその箱・ケースをどうするかを考えなくてはならないので、家族自転車旅行に飛行機を組み合わせるのは面倒である。
 したがって、日本に住んでいて子供を連れて海外はもちろん、飛行機に乗らなければいけないような国内に家族で自転車旅行というのはハードルが高すぎるのでやらないのが無難であろう。
 ただ、例外として、松山空港はしまなみ海道のお膝元だけあってダンボールを最大1週間預かってくれるので、松山空港を起点に尾道まで行って返ってくるのは良いプラン。
 国内であるならば、飛行機で行くような遠方でも家族自転車旅行を可能にしてくれるのが「自転車宅配」である。起点となるホテルに自転車を送って、そこから旅をすればいい。自転車を送ったホテルに最終日も宿泊する予約をしておけば、自転車旅行期間中、箱を預かってくれる可能性は高い。
 私はこの方法で愛媛県松山に東京から自転車を送って、しまなみ海道巡りを息子と楽しんだ。

しまなみ海道⬇


にほんブログ村
自転車ランキング
【蓬莱】蔵元「渡辺酒造店」お試しはじめてセット 

にほんブログ村 家族ブログ 仲良し家族へ
にほんブログ村

面白かったら ⬆写真と⬇ ⬇ ⬇ ⬇両方クリックしてください
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

kantaro1966

Author:kantaro1966



最新記事



最新コメント



ご意見・お問い合わせはこちらまで

kantaro@momo.so-net.ne.jp



閲覧者



キーワード

#自転車  #旅  #家族 #ロードバイク #旅行  #親子



RSSリンクの表示



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



月別アーカイブ